1. TOP
  2. 健康
  3. 神経痛の痛みがなくなる治療法10選

神経痛の痛みがなくなる治療法10選

筋肉の痛みのような痛みでもなく、骨が折れたような激しい痛みでもない…

でも何かに刺さったような鋭い痛みがずっとつづくことはありませんか?

神経に沿ってこのような痛みがある場合、その痛みを神経痛と呼んでいます。

神経痛の場合、発症する部位や痛みの種類が違うため、自分だけで判断することは難しいのです。
そのため、神経痛であることを特定するためには、きちんと病院で診察を受けることが大切です。

神経痛を治すには、その症状や部位、原因に応じた治療法を行っていきます。
実は病院に行かなくても自宅でも、手軽にできるリハビリやエクササイズなどのストレッチで神経痛の治療はできるのです。

そこで当ページでは、病院へ通っている時間がなかなかない、神経痛くらいで病院へ行きたくないという人のために、効果のある神経痛の治療法について紹介しています。
長年、神経痛に悩まされている人はぜひ参考にしてみてください。

神経痛が起きる原因

若いうちはさほど気になりませんが、年齢を重ねるとともに気になってくるのが神経痛です。
通常の筋肉の痛みなどとは違い、鎮痛剤を服用してもなかなか痛みが引きませんし、一度神経痛が起きると痛みは長く続くので、イライラしてきたりします。

神経痛には、「三叉神経痛」「坐骨神経痛」「肋間神経痛」「ヘルペス後神経痛」などがあります。

三叉神経痛は血管が動脈硬化などで膨張し、脳幹部を圧迫することによって起きる尾青野神経痛です。

坐骨神経痛は腰から足までつながっている最も長い神経に発生する神経痛で、太ももの裏や膝の裏が痛くなったり、足全体がだるくなり、歩くのがつらくなったりします。

肋間神経痛はヘルニアや事故などによって生じる圧迫骨折や、ストレス、ビタミン不足など、様々な原因で発症します。

ヘルペス後神経痛は帯状疱疹にかかった後に残る神経痛で、見た目は治ったように見えても激しくその周辺の神経が痛むことがあります。

神経痛には鎮痛剤やシップなどはあまり効果はありません。痛みのほかに症状がある場合やなかなか痛みが治まらない場合、痛みによって日常生活に支障をきたしている場合にはきちんと専門医で診てもらうようにしましょう。

神経痛の痛みがなくなる治療法10選

神経痛には様々な原因や種類、痛み方などがありますが、どの神経痛も市販の鎮痛座やシップなどではなかなか痛みを抑えることが難しいです。
そこで根本的に痛みから解放されるためには、医師の診察や治療が必要ですが、神経痛の原因の原因の根本にある老化やストレスに対処することで日常生活の中で痛みを和らげることが出来ます。

ここからは、神経痛の痛みがなくなる治療法について具体的に紹介していきましょう。

体を温める

筋肉痛などの痛みでも同じですが、痛みの原因となる物質は血行が悪くなり、体が冷えてくると増えてくる傾向があります。
特に神経痛の痛みは体が温まると痛みが和らぐことが多いので、ゆっくりお風呂に入ったり、温かい食べ物を食べるなどして体を温め、血流を良くしましょう。

特に痛みだけでなくしびれやだるさが伴う時は温めると効果があります。

ツボ刺激

坐骨神経痛の場合、左右のおしりの一番出っ張っている部分に「坐骨点(ざこつてん)」があるのでそこをこぶしや親指で強く押します。
また、膝の裏の中心部分にある「委中(いちゅう)」も効果があります。

ツボの部位が分かりにくい、どう刺激したらいいのかわからないという場合には、以下の動画も参考にしてみましょう。

ストレッチ

多くの神経痛の原因となっている老化は、筋力が低下することによって起きる場合が多いです。
そこで神経痛の治療を受けながらでも自宅でストレッチなどを行って筋力が低下しないようにすることで、神経痛を和らげることが出来ます。

もも上げやつかまり足踏みなど、簡単でも毎日続けることで筋力の低下を防ぎ老化を防止しましょう。

マッサージ

神経痛の中でも特に坐骨神経痛の場合、マッサージを行うことで痛みが和らぐことがあります。
まずは整形外科を受診し、神経痛の原因やそれに合った対処法を行います。

そのうえで医師やリハビリの担当に、効果的なマッサージ方法を教えてもらうか、信頼できるマッサージ師を紹介してもらいましょう。
自己流のマッサージは効き目があるように感じますが、その時ばかりであとから症状が強くなることもあります。くれぐれも自己流でマッサージするのは控えましょう。

薬で痛みをなくす

根本的な治療法とは言えませんが、痛みをなくすという点では一番効果が早い治療法です。

非ステロイド系の鎮痛剤が多く用いられますが、発作的に神経痛を繰り返す場合などは「神経障害性疼痛治療薬」や筋肉の緊張を緩めて痛みの感じ方を弱くする筋弛緩剤などが併用されることがあります。

神経痛は自己判断で市販の鎮痛剤を服用しても痛みが治らない場合も多いので、きちんと病院で処方してもらって服用しましょう。

認知療法と行動療法

痛みやかゆみなどは脳の間違った認識で増幅されることがあります。
例えば、それほど痛くないにもかかわらず、過去に似たような経験でとても痛い思いをしたことがあるとすごく痛く感じてしまうこともあるのです。

このように脳の間違った認識を修正していく方法を認知療法といい、認知療法によって自分の今の本当の痛さを知ることが出来ます。

痛みと日常生活で行う動作との関係をまとめていき、それを知ることで少しづつ日常でできることを増やしてく行動療法を同時に進行させることで、痛みをしっかり認識したうえで日常でできることが徐々に増えることで、痛みも徐々に和らいでいきます。

理学療法

整形外科のリハビリテーション科などで多く用いられる治療法で、適度に運動を行ったり、マッサージを行うことで代謝や身体の機能を改善し、衰えていた筋力を改善させることで老化を防ぎ、しんけいつうの痛みをなくする方法です。

自己流で行うと悪化する恐れがあるので、必ずリハビリの理学療法士の指示に従って行いましょう。

神経ブロック療法

神経痛で病院へ行くと、症状や程度にもよりますが多くの場合はまず薬で痛みを和らげようとします。
しかし、神経痛の痛みはとても強いものが多く、なかなか薬だけでは痛みがなくならない場合も。

そこで整形外科や麻酔科などで行われるのがブロック療法です。
局部麻酔の注射を行うことによって痛みが神経に伝わるのをブロックし、痛みをなくします。

しかし、効き目が切れると再び注射しなければならないため、負担の大きな治療法でもあります。

脊髄刺激療法

脊椎の近くに電極を埋めて、脳に電気の刺激を与えることで痛みをとりのぞく方法です。病院でしか行われない治療法であり、薬での効果がみられない場合にだけ行われます。

身体に電気を流すことで体に負担をかけるのであまり行われてはいませんが、脊椎管狭窄症からくる坐骨神経痛などに効果があります。

外科療法

神経を圧迫している原因を見つけ出し、それが神経を圧迫しないようにクッションをはさむ手術を行います。
圧迫しないように手術するため根治治療法として有効ですが、神経にかかわる手術のため、失敗すると後遺症が残ることもあります。

神経痛を引き起こす病気

神経痛の中でも坐骨神経痛は、腰椎のけがや病気が原因となって起きることが多い神経痛です。

坐骨神経痛は大きく分けると状態をそらすと痛みが強くなる「狭窄型坐骨神経痛」と前かがみになると痛みが強くなる「ヘルニア型坐骨神経痛」、前かがみでも後ろに反っても痛みの強い「混合型坐骨神経痛」に分けられます。

狭窄型坐骨神経痛は腰部脊柱管狭窄症から発症し、ヘルニア型は要椎間板ヘルニアから発症するためこの名前が付きました。

どちらも老化による筋力の低下や、日常生活の姿勢の癖などが要因となることが多いので、正しい姿勢を身に着けることと、腰に負担をかけない生活を身に着けるようにすると防ぐこともできます。

まとめ

神経痛の痛みがなくなる治療法について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
神経痛は神経が何らかの原因で圧迫されることによって起きる痛みで、筋肉の痛みや頭痛のように通常の鎮痛剤ではなかなか痛みはなくなりません。

しかし、放置しておくと痛みが強くなったり、頻繁に繰り返すようになり、日常生活に支障をきたすこともあるため、早めに病院を受診しましょう。
神経の痛みがなくなる治療法には次のようなものがあります。

  • 体を温める
  • ツボ刺激
  • ストレッチ
  • マッサージ
  • 薬で痛みをなくす
  • 認知療法と行動療法
  • 理学療法
  • 神経ブロック療法
  • 脊髄刺激療法
  • 外科療法

病院では一人一人の症状に応じた治療法を行いますが、日常でマッサージや体を温めることで血行を良くしたり、ストレッチなどで筋力の低下を防ぎ、廊下を予防します。

また、日常的に起こりやすい坐骨神経痛に関しては、正しい姿勢を身に着け、腰部のけがや病気を起こさないように、負担をかけない生活をすることで防ぐことが出来ます。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • 禁煙外来して得られる体調の変化10選

  • フケ対策10選【フケ防止方法付き】

  • 毛じらみの対処対策方法10選

  • 耳の後ろのしこりが痛い時の治し方10選

  • 【モテたい男性必見】テストステロンを増やす10の方法

  • 髪の毛が抜けるのを防ぐ20の方法