1. TOP
  2. 健康
  3. 若年性認知症を予防する10の方法

若年性認知症を予防する10の方法

認知症は加齢とともに気になってくる病気として、世間的にも知られてきました。

社会的には、元祖ドラえもんの声優さんも認知症になってしまったというニュースがありました。

そして、最近では比較的若い世代でも認知症になる人たちが増えてきました。

認知症になると物忘れなどが問題になりますが、若年性認知症の場合、高齢者の認知症に比べて認知症を抱えつつも日常生活を過ごしていかなくてはならないため、日常生活に支障をきたし周囲に負担をかけることが多くなります。

仕事をしている人が若年性認知症と診断され、就業が困難になった場合には、収入が減り生活が困難になることもあります。
また、親も認知症となっている場合には、介護者は親と配偶者両方を介護することとなり、心身への負担も大きくなります。

認知症は本人だけでなく、家族や周りの人間にも迷惑をかけてしまいます。

もし、認知症を防ぐ予防法があるとしたら…知りたいと思いませんか?

実は、認知症には医学的にも立証されている、予防方法があります。そこでページでは、若年性認知症を予防する10の方法について詳しく紹介していきます。
是非、参考にしてみて下さい。

若年性認知症とは

通常の認知症は65才を境に発症することが多いです。認知症と聞けば高齢者をイメージすることからも、高齢者に多い病気と考えられてきました。

しかし、近年10代後半から認知症と同じ症状が見られる人たちが増えてきました。

若年性認知症がまだ周知されていない状況では、うつ病や統合失調症などと他の病名を付けられることもありましたが、現在では広く認知され、正しく診断されるようになってきています。

若年性認知症かどうかの違いは、単に発症時期が65才より前か後かの違いだけです。症状や対処法、予防方法などは同じですが、高齢になってから認知症になるよりも脳の萎縮が早く、症状の進行が早いため、早期発見が重要といえます。
まだ、若いのに物忘れが激しい、同じことを何度も言うなどの症状がみられるようになたらなるべく早く病院へ相談してみましょう。

次からはそんな若年性アルツハイマーを予防する10の方法を紹介していきます。どれも今日から取り入れられる簡単で効果的な方法です。若年性アルツハイマーは名前の通り若くから出てくる症状ですので、早めの予防が最も効果的です。30歳前後の方でも他人事ではありませんので、是非、参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • 二日酔いで頭痛を起こさないようにする方法10選

  • 毛じらみの対処対策方法10選

  • ペニス増大方法の中でヤバいくらい巨根になる10の方法

  • 低気圧で頭痛や体調が悪くならないようにする10の方法

  • 効果的な瞑想のやり方で正しい10の方法

  • 自律神経失調症の治し方10選