1. TOP
  2. 健康
  3. 育児ストレス解消法10選

育児ストレス解消法10選

 2017/07/26 健康   601 Views

女性の社会進出が進み、仕事をしながら子育てするママさんも増えてきました。
ただでさえエネルギーを使う育児に、仕事のストレスや疲労がたまると、非常に疲れを感じることがあります。

育児の疲れはちょっと考え方や生活を変えるだけで解消できることもあります。
ここでは育児疲れを解消させるための方法について紹介していきます。子育てにつかれているパパやママ必見です。

育児疲れになりやすい傾向

乳児期の赤ちゃんには昼も夜も関係ありません。お腹がいっぱいになると眠り、おなかがすいたり不快を感じると泣く生活が続きます。
そのため、ママは夜中でも起きて授乳やおむつ交換などをしなければならず、睡眠不足に陥ってしまいます。

更に赤ちゃんはちょっとしたことで体調を崩したり熱を出したりするため、なかなかぐっすりと気持ちよく寝れないまま朝を迎えてしまうため、疲労を回復させることができません。

家事と育児をすべて完ぺきにこなそうとしたり、仕事もしているママなどは、時間に追われてしまい、肉体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も蓄積していきます。

特に何事も完ぺきにこなそうとする几帳面な性格や生真面目な人、人に助けを求めるのが苦手な人、内気な性格の人などは育児疲れを強く感じてしまう傾向があります。

育児疲れが過度にたまると育児ノイローゼになり、大きな悲劇を生むこともあるのでそうなる前に対策を講じる必要があります。

一人ですべてを完ぺきにこなそうと思わないこと、自分だけの時間を少しでもいいので持つことで育児疲れを和らげることができます。

育児ストレス解消法10選

育児疲れを和らげるためには、まずは睡眠不足やストレス、肉体的疲労をため込まないことです。
育児や家事を行いながら、疲労やストレスをためないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

家事は手を抜けるところは抜く

育児は手を抜くことはできません。そのため、育児も家事も完ぺきにこなそうとするとそれだけでストレスとなり、疲労を感じてしまいます。
何もかも頑張るのは自分を苦しめるだけなので、家事は手を抜けるところは抜いてしまいましょう。

手を抜くところを旦那さんに手伝ってもらってもいいですね。旦那さんの理解があると気も楽になります。

おしゃべりをする

子供と二人きりで家の中にいると、肉体的疲労だけでなく精神的な疲労もたまっていきます。
自分だけの時間を作って友達とランチしたり、出かけるのが無理なら子供を見ながら電話でおしゃべりを楽しみましょう。

自分だけの時間をつくる

常に子供と一緒にいると、子供が言うことを聞かなかったり、思った通りにならないとイライラを感じてしまいます。

そこで1日10分でもいいので自分だけの時間をつくるようにします。子どもが眠っている時間でもいいですし、子供をだtれかにあずかるのもおすすめ。

い分だけの時間をつくることで、気持ちがリセットされ、再び頑張れるようになります。

子供を預かって少し離れる

いつも子供と一緒だと、いくらかわいい子供でも息が詰まってしまうことがあります。

ベビーシッターや一時保育、親せきなどを上手に活用して、たまには子供から離れて過ごしましょう。子供から離れることで気分もリフレッシュし、育児疲れも解消できます。

できるだけ笑顔で

育児で疲れていると、子供の面倒を見るときも、ついしかめっ面になったり、眉間にしわが寄ってしまいがちです。子供は親の表情を読み取るのが上手なので、矢が疲れた顔をしていると、子供も悲しくなり、食欲が落ちたり、夜泣きの原因となったりします。

疲れた時に笑顔になるのは非常に難しいですが、たまには鏡を見て作り絵がでもいいので笑顔になってみましょう。

ママの笑顔を見ると子供は安心します。

スイーツでご褒美

頑張ってる自分にご褒美としてスイーツをあげてください。甘いものは食べることで幸福を感じることができ、また頑張ろうという活力にもなります。
食べすぎは体に悪いですが、週に1回くらいはぜいたくなスイーツを食べ、心をリフレッシュしましょう。

好きな音楽などで癒される

好きな音楽を聴いたり、アロマやハーブティーを飲むなど、自分の心が癒されるものを見つけてみましょう。

アロマの場合は用いる香りによって効果が違うため、専門タンなどで店員にアドバイスをもらってから購入するとより高い効果を得ることができます。

先輩ママと交流する

育児の疲れは子供がどのように成長していくのかが分からない不安などから起きるときもあります。
また、いたずらやいろいろ起きることに対してどう接したらいいのか分からなくなってしまう時もあります。

そのような悩みを先輩ママに打ち明けることで、同じように悩んでいることを知ったり、アドバイスをもらうことで疲れが言えることもあります。

身近な人を頼る

家庭内で一番身近な人といえば旦那さんです。子供を旦那さんに預かってもらったり、お風呂に入れてもらったり、時には買いを手伝ってもらうのもいいですね。

実家が近ければ子供を実家に預かって、少しの間旦那さんと二人きりで出かけるのも気分転換になります。

睡眠をしっかりとる

精神的な疲れも、肉体的な疲れも睡眠をしっかりとることで解消することができるため、睡眠をしっかりとることはとても大切です。

授乳や夜泣きなどで夜なかなかぐrすり寝ることができない時は、日中でもいいので子供が寝ている間にしっかりい分も睡眠をとるようにします。

育児疲れを軽減する5つの息抜き方法

育児疲れを感じていても息抜きもできないと、心身ともに疲れてしまいます。
ママが心身に不調を抱えてしまうと、子供は敏感に感じとり、夜泣きなどを起こし、ますます疲れてしまいます。

そこで育児の疲れをいやしてくれるような息抜き方法を紹介していきます。

育児マンガを読んでみる

子供が寝ている間に雑誌や漫画を読むのも良いですが、特におすすめなのは育児マンガです。

育児マンガは実際作者が育児をしているときのエピソードや、作者が実際育児をしているママさんたちから聞いた話などをもとにして書かれているので、共感できる部分も多いはず。

悩んでいるのは自分だけじゃないと励まされたり、育児あるあるを共感することで元気をもらえます。

体を動かす

子供が小さいうちは家の中での生活が中心になるので運動不足になりがちです。運動不足になると便秘になったりストレスもたまりがちになってしまうため、できるだけ体を動かしましょう。

小さな子供とでもいっしょにできるエクササイズもありますのでぜひ参考にしてみてください。

子供と一緒に体を動かすことで、子供もぐっすり眠ってくれるのでおすすめです。

子供を預かってもらってショッピングを楽しむ

女性にとって何よりの楽しみは、なんといってもショッピングではないでしょうか。
たまには子供を旦那さんや親せき、ベビーシッターなどに預かってもらい、ショッピングを楽しみましょう。

気分もリフレッシュできます。

大きな声で歌を歌う

ストレス解消の方法の一つに大きな声を出すという方法があります。カラオケボックスなどを利用して大きな声で歌を歌うと、ストレス解消ができて心の疲れが和らぎます。

最近は自宅でもカラオケできるチャンネルなどもありますので、子供をまだ外に出せないほど小さい時には、家で楽しむのもいいですね。

癒しの音楽を聴く

イライラした時やストレスがたまったときなどには、癒しの音楽を聴くことでこ心が安らぐこともあります。

基本的には自分が好きな音楽を聴くのが一番ですが、余り効き目がない、自分の好きな音楽が分からなという人はこちらを参考にしてみてください。

音楽を聴きながら腹式呼吸を行い、迷走すると心が落ち着いていきます。

まとめ

育児ストレスの解消方法について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

育児ストレスが過度にたまると育児ノイローゼを引き起こし、虐待したり、育児放棄につながってしまいます。

そのようなことにならない用意するための方法としては

  • 家事は手を抜けるところは抜く
  • おしゃべりをする
  • 自分だけの時間をつくる
  • 子供を預かって少し離れる
  • できるだけ笑顔で
  • スイーツでご褒美
  • 好きな音楽などで癒される
  • 先輩ママと交流する
  • 身近な人を頼る
  • 睡眠をしっかりとる

などといったことが大切です。
また、育児疲れを軽減させる息抜きの方法としては、

  • 育児マンガを読んでみる
  • 体を動かす
  • 子供を預かってもらってショッピングを楽しむ
  • 大きな声で歌を歌う
  • 好きな音楽を聴く

などがあります。

昔は男性は外で仕事をし、女性は家を守るのが仕事とされてきましたされてきました。女性は買いも育児も頑張ってこなしてきました。
しかし、女性の社会進出が進み、男性と同じように働くようになり、一人ですべてを頑張ることができなくなってきています。

頑張りすぎず、時には周囲に甘えてみてもいいのではないでしょうか。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • アルコール依存症にならない為に気を付けること10選

  • 爪が割れる人必見!爪割れ対策10選

  • 靴擦れを防止する為に最も効果的な方法10選

  • 風邪を早く治す10の方法

  • 毛じらみの対処対策方法10選

  • 毒親の対処法10選