1. TOP
  2. 健康
  3. フォアダイス治療に必要な3つのこと

フォアダイス治療に必要な3つのこと

 2017/02/20 健康   2,410 Views

フォアダイスという言葉を初めて聞く人も多いでしょう。
フォアダイスは、男性の性器にできるイボだと認識されています。

男性の中で今、こんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

最近アソコにポツポツしたものができて目立ってきている…。

ペニスにできるイボと性病は何が違うの?

フォアダイス治療はどんなふうにするのか?

意外にも、約7割の成人男性にフォアダイスが確認されています。
フォアダイスは人に移るような感染力の強いものじゃありませんが、フォアダイスについて全く無知である人や、見た目が悪いことで恋人から誤解されるのを恐れる人もいます。

フォアダイスは深刻な悩みになるものですが、フォアダイスは治療する事も十分可能なものです。
まずは治療法についてよく理解しておき、前向きにイボ解消に取り組んでいきましょう。

当ページでは、フォアダイスの治療法を3つお教えします。今フォアダイスで悩んでいる男性は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

フォアダイスとは

フォアダイスは男性性器の皮にできるイボ状の突起を示す名前です。

類似するものの中には、「真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)」や「タイソン腺」というものがあり、これら全てまとめてフォアダイスといっているのです。

フォアダイスの原因

フォアダイスができてしまうのは脱腺が原因です。
脱腺とは皮脂分泌をする腺の事で、体毛一本につき一つあるのですが、毛がないペニスにもできる場合があります。
脱線ができてしまうと、毛孔がないために皮脂が正常に出ていかず、皮膚の下にかたまってしまいます。これが透けて見えてしまった状態がフォアダイスです。

フォアダイスができるのは肌にニキビができる仕組みと同じなので、性病のように感染するリスクはありません。
とはいうものの、見た目が醜いので恋人から嫌がられてしまう、性病持ちだと誤解されて不清潔な印象を与えてしまうかもしれませんよね…。

フォアダイスのせいで好きな人の前でも積極的になれず、自信喪失してしまう男性もいるでしょう。
状況改善のためにも包茎手術に取り組む男性もいるくらいです。

フォアダイスと尖圭コンジローマの区別のつけ方

フォアダイスは生理現象の一つであり、性病の中でもフォアダイスとよく似た尖圭コンジローマというものがあります。
症状が似ているのでこの二つはしばしば混同されやすいです。

ただし尖圭コンジローマはフォアダイスと違ってウイルスなので、相手に移してしまう可能性があります。
感染拡大を防ぐためにも、心当たりがあるなら早めに泌尿器科を受診しましょう。

尖圭コンジローマの主な特徴は以下の通りです。あてはまるものが現在ないかチェックしてみてください。

  • イボの先端がギザギザ
  • カリフラワーのようになっている
  • イボの色は黒もしくは赤
  • 大小のブツブツがある
  • 突如プツプツが増えた
  • 痛い、かゆい

尖圭コンジローマであっても必ずしもこれらの特徴が出るとは限らないので、心配な人は一度病院で診てもらうと確実です。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • 帯状疱疹の初期症状と10の対策方法

  • 元気が出る曲おすすめ30選

  • おならの臭いを改善する10の方法

  • 【頭痛の治し方】頭が痛い時の対処の仕方10選

  • 生理中の黒い塊の正体は?10の考察からひも解いてみた

  • 精子量を増やして精子の質を上げる10の方法