1. TOP
  2. 健康
  3. インポテンツを改善する8つの方法

インポテンツを改善する8つの方法

健康   420 Views

EDとは男性が勃起できないこと、つまり『インポテンツ』を指しています。
現代はストレス社会なので、ストレスを抱えて生活している人がほとんどでしょう。

しかしそのストレスが過剰になってしまうと、男性ではEDという障害を抱えてしまう人がいるのをご存知でしたか?

彼女を満足させられるようなエッチができずに、振られてしまうのではと心配する人たちも居るのです。
セックスに乏しいカップルが多くなっているのも事実です。

そして近年、そんなインポテンツになる男性悩まされている男性が増えてきています。

EDについて悩めばそれだけメンタル的にも悪循環なので、作業に集中できなくなる、恋愛に奥手になってしまうなど、行動が狭まってしまうことにもなります…。

しかし、インポテンツは生活習慣やストレスコントロールにより治すことができるのです。
EDを改善し、セックスライフが充実してくれば、エッチだけではなく仕事でも自信がついてくるはずです。

当ページでは、インポテンツを改善する8つの方法について具体的に紹介しています。

一時的にではなく、長期に渡りEDに悩んでいる男性は勿論、最近性欲がなくなってきた、最近勃起しにくくなった、中折れするなどの問題を抱えた男性も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

EDの原因について

インポテンツになってしまっても焦らず落ち着いて、まずはそうなってしまった原因について考えていきましょう。
EDは身体的・精神的な理由の両方が複雑に絡み合ってなるものです。

もしも最近インポテツの傾向が気になっているのであれば、まずはそうなった原因を追究し、自己分析していく事で解決を目指していきます。

体力低下や加齢が原因なのだろうと思ってしまいますが、今では時代の変化に伴い、パソコンワークやスマホの使用時間が長くなってきたなど、生活習慣の変化も大きく影響しています。

昔と比べてIT関連が進化してきて、私たちを取り巻く環境や生活もめまぐるしく変わってきています。
これに伴い、私たちが受けるストレスも大きくなっていると考えらます。

毎日の生活習慣が変われば、日頃のストレスや精神面にも影響してきます。

EDのメカニズム

中年以降になれば、誰だって若い頃と全く同じくらいの性欲を維持していくのは難しいでしょう。

20〜30代など、若い男性のインポに多くみられる原因の一つは先天性のものです。
生まれつき勃起しないのです。

また、心因性による事もあります。

40代でインポテンツになる場合はストレスうつ、加齢、糖尿病や心臓病、動脈硬化などの疾患が考えられます。
これに加え、膀胱や前立腺、直腸の外傷、手術などの影響で勃起障害が起こる場合もあります。

治療後・手術後にインポテンツになる場合は、血管に問題があると考えられるので、その血管トラブルを治せば克服できるでしょう。

頭部や脊髄の病気や怪我によってもEDになってしまうことがあります。
この他、うつ薬や抗アンドロゲン薬など、薬の成分によってインポを招いてしまう事もあります。

そもそも男性が勃起するのは、性的興奮によって陰茎海綿体に血液が流入するからです。
そして根元の座骨筋肉が収縮し、血液が戻っていかないので、結果的に完全勃起になるわけです。

反対に、陰茎海綿体に血液をためこんでおけないとEDになってしまいます…。

このような原因を踏まえた上で、次からは具体的にEDを改善する8つの方法について紹介していきます。

どれも今日から手軽に実践できて、効果大の再現性のある方法ですので、EDの予防としてもご活用できますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • 元気が出る曲おすすめ30選

  • 肩こりがひどい方必見!肩こりを確実に治す8つの方法

  • 朝立ちしない人必見!必ず朝立ちする為の精力が付く方法10選

  • 【モテたい男性必見】テストステロンを増やす10の方法

  • さみしい時の気分を楽しくする方法10選

  • アルコール依存症にならない為に気を付けること10選