1. TOP
  2. エロネタ
  3. アナニーの正しいやり方と10のポイント

アナニーの正しいやり方と10のポイント

男性なら一人でいる時、セックスと同じような快感をオナニーで求めてみたいと思うものです。
でも、オナニーの回数を増すことにより、満足できなくなってしまったら、今度はアナニーを経験してみませんか。

アナニーとはなにか?

アナ二ーで快感を味わうために何が必要か?

アナニーで注意すべきことなにか?

アナニーを極めた快感は、オナニーでは感じ得ないほどの快感であるといわれています。
アナニーの極みを追求してみてはいかがでしょうか。

当ページでは、アナニーをする上での正しいやり方と10のポイントについて紹介します。
アナニーのことを知ってみたい方は、参考にしてみてください。

アナニーについて

アナニーとは、アナルオナニーのことを言い、お尻の穴でオナニーをすることを言います。
お尻の穴も性感帯のひとつにもなっており、アナルセックスという方法で、男女とも快感を得ることができます。

男性の場合アナニーの快感は、前立腺を刺激することによって得られることから、「前立腺オナニー」とも呼ばれます。
オナニーはじわじわと快感を得られますが、アナニーは、女性が感じるようなオーガズムがずっと続く感覚を味わうことができると言われています。

男性の場合でのアナニーは、男性にしかない生殖器の前立腺を刺激することによって快感を得られます。
前立腺は、膀胱の周りでお尻の穴に指を入れたときのお腹側にある位置にあります。

年を重ねるごとに肥大しやすくなるので、治療目的でマッサージをすることがありますが、このマッサージで快感を得られることから、次第に快感を目的としたマッサージを行われてくるようになりました。

アナル経由で前立腺に刺激を与えるアナニーは、オナニーとは全く違う快感を得ることができます。

以下のページを読んでおくことで確実にドライオーガズムを得ることができます。アナニーからのドライオーガズムの快感を味わいたい男性は、ぜひ、読んでおいてください。

アナニーの正しいやり方と10のポイント

アナニーは、別名をドライオーガズムともいい、射精をすることなく、絶頂の感覚を味わうことができます。
その感覚は女性のオーガズムに似ており、中にはオナニーとは比べ物にならないほどの快感を得ることができるという人もいます。

ですが、それなりのテクニックを持っていないと難しく、ただ闇雲にお尻の穴にものを入れるのは、アナルが切れる可能性があるのでとても危険です。
それではアナニーに失敗しないためにも、アナニーの正しいやり方と10のポイントを具体的にご紹介します。

ローションを使用する

アナルは、無理な挿入をすると女性器のように分泌液は出ませんので、アナルが傷つきやすくなります。バイブや前立腺グッズを使うときは、ローションを必ず使用します。

また、挿入のやり方次第では切れ痔の原因にもなりやすいなるので、注意が必要です。

トラブルを防ぐには、「シリンジ」や「注射器」を使用して、ローションの注入をおすすめします。
まずはこれらを使ってお尻の中までにローションを入れてから、前立腺グッズを挿入するようにしましょう。

ローションが無い場合は、以下の関連記事を参考にして、代替えをお探しください。

ゆっくり時間をかける

アナニーはゆっくり時間をかけながらでないと、なかなか快感を得ることができません。少なくとも2時間くらいかけてするのがよいでしょう。

エネマグラを使用する

エネマグラとは、元々は、肥大してしまった前立腺の中の古い前立腺液を排出するために開発された泌尿科で使われる医療用器具です。
現在は、前立腺マッサージにより性的快感を得ることができるようになったことから、アナニー用としても広く普及するようになりました。

医療器具なので安全性もあり、アナニーしやすい形状にもなっているので、アナニーに興味のある人には、ぜひおすすめしたいグッズです。

綿棒を使用する

初めてアナニーをチャレンジする場合は予備知識を補いましょう。わからないまま無理なことをするのは避けておき、まずはアナルを経由して前立腺がある場所を知っておきましょう。

そのためには綿棒を使用したほうが負担を最小限に抑えることができます。
お尻の穴に綿棒を入れ、お腹側に先端を当ててみると、明らかに他の場所と違う、気持がいい場所が見つかるはずです。まずはそこから始めてみてください。

サイズは自分に合うものを選ぶ

より大きな快感を得ようと、道具は太ければ太いほどいいと思い選んでしまいがちになります。
ですが、アナニーバイブの快感は実は太さによる急激な刺激ではなく振動による刺激に重点が置かれているのです。

なので、アナルグッズを使用するときは、最初はその振動に慣れる為に自分に合うサイズのものか、やや細めのものを選ぶようにします。

指を使ってみる

指を使う場合、まずは小指から始めてみましょう。その時は必ず薄手の手袋とアナル専用のローションを用意します。
その時は事前にトイレに行って、ウォシュレットで洗浄しておきましょう。

小指から中指が入るまで徐々に拡張していきます。そして、中指が第二関節まで入ったときに指先が当たる位置にGスポットにたどり着きます。

決してあせらない

快感には個人差があります。なかなか快感を得ることができないからといってあせってはいけません。
少しずつ良くなっていく人もいれば、突然感じられるようになる人も要るようです。あせってあきらめたりせず、開発を続けましょう。

リラックスをする

まずは身体も気持ちもリラックスをしてからやってみましょう。緊張してしまうとアナルもカチカチになってしまいます。
そうなると指や道具を挿入する時に痛みが生じてしまいます。緊張をほぐして身体をリラックスすると、快感を得ることができます。

アナルプラグを使用する

肛門や腸内は伸縮性がほとんどありません。なのでアナニーをするには、少しずつ広げていくことが必要になります。
そんな時に便利なグッズがアナルプラグです。アナルプラグはアナルを広げて、よりサイズの大きなグッズの挿入ができるようになります。

中心部はかなり太くなっており、挿入時には肛門が広げられる快感を得られます。
もし前立腺グッズの手入れをおこたって、洗浄せずに使っていると、前立腺グッズにばい菌が繁殖して、そこからアナルに感染したりする。

あまり動かし過ぎない

そもそもアナルは出すための器官です。女性器とは違い筋肉量が多く、締め付けが強いです。
なのでセックスやオナニーのときにするピストン運動には向いておらず、積極的に動かすと感度が鈍り、快感を得ることができないのです。

前立腺開発やアナニーのさらなる快感への扉に関しては以下の関連記事でも詳しく解説しています。こちらも併せて参考にしてみてはいかがでしょう。

アナニーによる危険を避けるための3つの注意点

アナルは、もともとは性交をする器官でなく、アナルを使う行為なので、オナニーとは違い注意しなければならない点がいくつかあります。
危険なことを避けるためにもルールを必ず守ってください。

以下では、アナニーによる危険を避けるための3つの注意点を紹介します。

変なものは絶対に入れない

手元にアナニーのためのアダルトグッズ(前立腺オナニーグッズ)がないからといって、代わりに家庭用品や文房具などを使うのは絶対にやめましょう。

万が一、直腸の中に一部が取り残されてしまうと、出せなくなり、感染症にかかったり、、腸の壊死につながる可能性があります。危険ですので絶対に止めましょう。

切れ痔にならないよう注意する

アナニーはゆっくり時間をかけて、アナルを広げやすいようにマッサージしていくことが基本です。
無理に広げたり動かしたりすると、出血や切れ痔になりやすく、傷がつく場合があるので注意が必要です。

一度アナルを傷つけてしまうと、その痛さやつらさのために、二度とアナニーに挑戦したいという気持ちならないかもしれません。
アナルが傷つくと、排便のたびに痛みが生じてしましまいます。便秘にもなりやすくなり、健康的にも良くありません。

清潔にしておく

指やバイブなどのアダルトグッズはアナニー前後には清潔にしておくことが大事です。

アナルは出す器官なので、アナルの中は雑菌がたくさんいるのです。汚れたままの手や道具でアナニーをすると、尿道炎などになってしまうの危険性があるので絶対に止めましょう。

終わった後も、そのまま放置しないで下さい。きちんとアダルトグッズをメンテナンスしておくことが大切です。前立腺グッズにばい菌が繁殖して、そこからアナルに感染したりする場合があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アナニーはやり方次第で魅力あふれる快感の世界へ導いてくれます。
正しいやり方をきちんと守れば、決して危険な行為ではないのです。

今回、以下のようなアナニーの正しいやり方と10のポイントを紹介いたしました。

  • ローションを使用する
  • ゆっくり時間をかける
  • エネマグラを使用する
  • 綿棒を使用する
  • サイズは自分に合うものを選ぶ
  • 指を使ってみる
  • 決してあせらない
  • リラックスをする
  • アナルプラグを使用する
  • あまり動かし過ぎない

さらに、アナニーをするときに注意したいことも以下のようにご紹介してきました。

  • 変なものは絶対に入れない
  • 切れ痔にならないよう注意する
  • 清潔にしておく

アナニーで快感を得るには守るべきルールに従って行いましょう。衛生管理をしっかりし、アナル洗浄、アナルマッサージ、挿入の順で行います。
決して無理をせず、やりすぎず、安全な手順で、最高の快感を得られるようにしましょう。

当ページを読まれている方は以下の関連記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみてはいかがでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • ハプバーに行って楽しむ為の方法10選

  • 膣トレの方法5選と膣トレの嬉しい効果効能

  • セックスダイエットのメリット10選と具体的な効果

  • やってはいけない危険なオナニー方法10選

  • オナネタが無い男子必見!ヤバすぎる快感のオナネタ10選

  • ずるむけちんこにする方法10選