1. TOP
  2. エロネタ
  3. アナルセックスを気持ちよくする為に行うべき5つの手順

アナルセックスを気持ちよくする為に行うべき5つの手順

最近では、インターネットで手軽かつ気軽にAVやエロ動画を楽しめるようになりました。
そのため、これまではなかなか知られることのなかった、過激なプレイやアブノーマルなプレイが徐々にスタンダード化しつつあります。

その最たるものが、まさに「アナルセックス」といえるでしょう。
かつては、アナルつまり肛門への挿入といえば、ゲイのセックスでした。
しかし、今となっては、男女のセックスでも多く取り入れられています。

それでも、アナルセックスと聞くと「汚い」「痛い」というイメージが先行し、喜んで受け入れる女性は稀でしょう。
それでも、アナルセックスをしてみたい!という方は、これからご紹介する、アナルセックスを安心安全に気持ち良く行える5つの手順をマスターしてみてください。

アナルセックスとは

アナルセックスとは、シンプルにアナル(肛門)に、男性器やバイブ、ローターといったラブグッズを挿入するプレイのことを言います。

アナルは、神経が密集している部位ですので、上手く刺激すると通常のセックス以上の快感を得ることもできるそうです。
特に、アナルの中でもお腹側に向けて刺激を与えることで、直腸越しに膣や子宮に予想外の角度からアプローチすることができます。
この快感を開発することで、セックスの新たな境地を切り開くことも可能というわけです。

セックスがマンネリでうまくいかない、いつもとは違うセックスに挑戦したい、このように感じ始めているカップルにとっては、試してみる価値のあるプレイと言えます。

アナルセックスの正しい知識

さて、「いざアナルセックスに挑戦!」となる前に、正しい知識を仕入れておきましょう。
気になる衛生面への配慮は、最重要事項と言っても過言ではありません。

これを怠れば、もし相手が病気持ちだった場合、アメーバ性赤痢、梅毒、エイズなんて重篤な性病への感染症にかかる危険もあるのです。

便の通り道であり、便が残っている可能性もあるアナルに、生に挿入することはまず最初の内は避けたほうが良いでしょう。
慣れない内は、傷がついたりしやすいので、アナルセックスをする際は、必ずコンドームを使用します。

また、挿入前に浣腸をして、アナル内に残る便を極力取り除いておくようにするのも良いです。
セックス前に、お風呂でお互いに浣腸しあうのもおすすめです。腸の奥に便が残っていたりもするので、アナルから出る浣腸の水が、透明になるまで繰り返せば準備は万端ですよ。

「浣腸はちょっと…」と抵抗がある方は、ウォシュレットを使ってみてください。
トイレに座り、アナルにウォシュレットを当てながら、アナルを絞めたり緩めたりしてみましょう。
水がアナルに入る感覚を得たら、排出するを繰り返すことでも、アナル内を洗浄することができますよ。

また、挿入する際は、膣への挿入以上に入念に入り口を柔らかく仕上げることが大切です。
無理に挿入すれば、アナルが割けて痔になってしまうこともあります。

酷い痛みや後遺症がのこれば、当然、「アナルセックスなんてこりごり…」となってしまいます。
アナルが十分に柔らかく広がりやすくなるまで、じっくりとほぐしてから挿入してください。
ローションのような潤滑油を活用するのもお忘れなく。もし、アナルセックスをする際に、ローションが無い場合は以下の記事を参考に代替え品を準備しておきましょう。

さて、ここまでの下準備とアナルセックスへの心掛けが出来た上で、いよいよ次からはアナルセックスを気持ち良くするために必要な5つの手順を具体的に紹介していきましょう。

アナルセックスは、マンネリ化したノーマルセックスから次の快楽へのステップにも繋がりますし、慣れてくると快感度は通常の50倍とまでいわれています。是非、マスターして、パートナーをアナルの虜にしてあげて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • 有村架純似の巨乳美女と逢ったその日にセックスまでできた●●●とは

  • 欲求不満女性の10の特徴

  • 射精コントロールができるようになる10のコツ

  • アナニーの正しいやり方と10のポイント

  • 野外セックスのやり方と3つの注意点

  • 女性専用風俗のエロ過ぎる現状と実態