1. TOP
  2. 美容
  3. ダイエットピルの中でヤバい痩身効果のある20選を厳選してみた

ダイエットピルの中でヤバい痩身効果のある20選を厳選してみた

楽にダイエットができないと昔からよく言ったものですが、今の時代は違います。

実は、ダイエットピルを飲むだけで、楽に痩せることができる時代です。

食事制限をして好きなものを我慢したり、エクササイズや運動を行って体に筋肉をつけるように努力したりする必要がありません。
人に見られる仕事である芸能人の方たちもよく使っていると言われています。

効果が強いものから徐々に現れてくるものまで色々あるので、あまり周りに知られたくないということなら効き目が緩やかなものを使った方が良いかもしれません。
実際ダイエットピルという存在を知っていても、詳しくはその薬について知らないという方も多いかもしれません。

そこで、ダイエットピルに対して、以下のような疑問をお持ちの方も居るのではないでしょうか。

最近のダイエットピル事情は?

どんなダイエットピルがあるのか?

どんな副作用を想定しなければならないか?

ダイエットピルには沢山の種類がありますが、個人の体質やその時の体調によっては拒否反応が出てしまったり、根本的に体に合わないという場合もあります。
中に含まれている成分によっては、国内では承認されていない成分が含まれているものもあり、その危険性は計り知れません。

もし長期的に飲み続けたいと思っているのであれば、健康面でデメリットがないかどうか確認してから購入しなければなりません。
インターネットで簡単に購入できると同時に危険性も隣り合わせなのです。

そこで当ページでは、 ダイエットピルの中でヤバい痩身効果のある20選を具体的にご紹介していきたいと思います。
ダイエットピルの服用で激痩せをお考えの方は、是非、参考にしてみてください。

危険と隣り合わせのダイエットピル事情

誰もがご存知の有名な女優さんや、歌手が激やせしたというニュースを見たことがあるのではないでしょうか。
もちろん、激やせ報道が出た全員が、ダイエットピルを使っているわけではありませんが、急激に痩せた場合やはりダイエットピルを使用していると考えた方が自然でしょう。

絶対に痩せる薬、激やせサプリなどとしてダイエットピルは売られていますが、医薬品であることに変わりはありませんから、成分の違いこそあれ強い効果は期待できます。
ダイエットピルはインターネットで普通に購入することができますが、成分によっては国内で承認されていないものもあるので、そのようなダイエットピルを購入する場合は個人輸入代行業者を通して購入しなければなりません。

そのような違法業者はたくさんありますが、中には悪質な業者もあり、成分の全く違うものを販売していたり、金額が異常に高いなど痩せたいと願っている女性達の弱みにつけこむような業者も存在しています。
ですから、ダイエットピルを使用する時にはもしかしたら健康被害を起こしてしまうかもしれない、薬が効きすぎてしまうかもしれないということを念頭において使用しなければなりません。

薬の用法用量守らなければ、時には命の危険さえ生じる場合もありますから、ただの痩せる薬だと思って甘く見てはいけません。
最近では、厚生労働省も出回っているダイエットピルの成分をよく確かめてから使用するようにという警告を出しています。

ダイエットピルに関しては、実際に国をあげて以下のような注意勧告も出ています。
https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00378641.html出典:FNN厚労省「服用するな!」「やせる薬」で4人死亡)

全てのダイエットピルを規制することができないので、使用する個人個人が気をつけなければならないことです。

ダイエットピルの三つの代表的な副作用

原則として、手に入れるには医師の処方箋が必要なダイエットピルではありますが、中には処方箋なしで販売されているものもあります。
医薬品に詳しくなければ中に含まれている成分を確かめるというのは難しいかもしれませんが、最低でも起こってしまうかもしれない副作用は理解しておかなければなりません。

またどんな副作用があるかわかっているならば、安心して飲み続けることもできるでしょう。
そこで、ここからは、ダイエットピルの三つの代表的な副作用についてご紹介したいと思います。

ダイエットシンドローム

ダイエットシンドロームは、病的に痩せてもなお、痩せることがやめられなくなることを言います。
ダイエットピルは、医薬品です。そのため、飲むだけで確実、短期間に痩せることができます。

結果が目に見えるので、もっと、もっとという欲求が高じて、強迫観念にまでなって精神疾患であるダイエットシンドロームに陥る危険性があります。

吐き気

ダイエットピルは、食欲を抑制させることを目的にしているため「吐き気」をあえてもよおすような薬剤が含まれていることがあります。
その代表的な薬剤が「エフェドラ」呼ばれるもので、気管支ぜんそくなどの治療薬に使われています。

便臭異常

ダイエットピルの作用として、脂肪を吸収させずに便として排泄させます。そのため、脂肪分が排泄されるときに酸化されて、便臭異常が起こります。
さらに、便がゆるくなり垂れ流し状態になることも考えられます。

ヤバい痩身効果のあるダイエットピル20選

痩せることができるダイエットピルには様々な種類があります。
どこに働きかけるのか違うものもありますし、生活スタイルなどによって使いやすいものと使いにくいものがあります。

ですが、やはりダイエットピルは薬品ですから 中に含まれている成分を確認して購入しなければなりません。
副作用をよく確認していないと、思ってもいなかった健康トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるからです。

そんな心配もあるダイエットピルですが、やはり普通のダイエットを行うよりも早くそして、楽に痩せることができる優れものです。
ではここから、ヤバい痩身効果のあるダイエットピル20選を具体的にご紹介していきたいと思います。

コントレイブ

販売の認可がおりるまで4年の歳月がかかった強力な肥満治療薬として知られているダイエットピルです。
国内でも2015年から個人輸入代行業者から手に入れることができるようになっています。

成分と効果の特徴としては、ブプロピオンとナルトレキソンの2つの成分が脳内神経に相互補完的に作用します。
その結果、具体的には食物摂取と代謝のバランス、食物に対する欲求がコントロールされ、食欲がなくなるため、胃袋を強制的に小さくし減量させることができます。

ナルトレキソン、ブプロピオンは共に日本では承認されていない成分のため、薬機法上は違法です。

ナルトレキソンに関しては、アメリカで麻薬中毒やアルコール依存症の治療にも使用されています。ブプロピオンは、抗うつ薬や禁煙補助薬として使用されています。
どちらも脳神経に作用するため、服用には注意が必要です。

考えられる副作用

吐き気、嘔吐、便秘、頭痛、めまい、不眠症、口の渇き、下痢、てんかんなどの副作用がある場合があります。

オキシレックス

オキシレックスは空腹を抑える薬です。

そのため間食することを減らすことができますし、食べ過ぎてしまうことも抑えることができます。
実質、体の中に入ってくれる食べ物も少ないので体は痩せますし、痩せやすい体質にも変わっていきます。

それと同時に体内に入ってきた脂肪の吸収を抑える働きもしてくれるので、体に脂肪がつくのを抑えることができます。
徹底的に体重を落としたい方におすすめのダイエットピルです。

考えられる副作用

喉が異常に乾いたり、目が乾く、寝れないなどの副作用が出る可能性があります。

また人によってはお腹がゆるくなることもあり、下痢気味になってしまうこともあるようです。

カーボブロッカー

カーボとは炭水化物のことなのですが、それをブロックする働きがあるということからカーボブロッカーという名前になっています。
お米やうどん、パスタ、お菓子、パンが大好きだという人にとっては、ダイエットの時に炭水化物を控えなければならないというのはつらいことですが、カーボブロッカーを服用それならばエネルギー代謝脂肪燃焼率をアップさせてくれるので、無理に好きなものを控えなくても済みます。

食べまくってもいいというわけではありませんが、脂肪燃焼率が高くなるので体に脂肪がつくのを抑えてくれます。
カーボブロッカーを服用するのと同時に運動を行ったり、エクササイズをすることによってもさらに脂肪燃焼効果がアップし、高いダイエット効果を期待できます。

考えられる副作用

気持ち悪くなったり、吐き気が起こるなどの症状が報告されています。

他にも便が出なくなった、軟便になった、下痢気味などのトイレのトラブルも起こるかもしれません。
また、成分の中に白インゲン豆エキスが含まれているので、豆アレルギーのある方は使用を控えた方が良いでしょう。

オルリスタット

アメリカ食品医薬局(FDA)によって認められている医療用のダイエットピルです。
摂取した脂肪分を便で排出するように促し、体の中に余分なものがたまらないように働きかけてくれます。

特に過激な食事制限をしなくても良いので、基本的に好きなものを食べながらダイエットをすることが可能です。
食事制限を絶対にしたくないという方にはおすすめのダイエットピルです。

考えられる副作用

消化器系のトラブルが多く報告されています。異常な臭いのおならが増えたり、便の回数が増えたり、トイレが間に合わなかったり、時には脂肪便が出たりします。
便に関するトラブルが多いので、仕事の時やなかなかトイレに行けない状況の時は飲まない方が無難かもしれません。

アコンプリア

スイスのロシュ社が製造販売しているダイエットピルです。
主成分として使われているリモナバンが食欲を減退させる効果を発揮し、基本的に食事摂取量を抑える働きをしてくれます。

肥満症の治療薬としてもよく使われており、根本的に食べ過ぎないと言うことを目的として作られているので、必要以上に食べ過ぎてしまうことを抑えることができます。

考えられる副作用

めまいを感じたり、精神的に不安になってしまう状態になるなどの副作用が生じる可能性があるようです。
また記憶障害やうつ状態になるなどの症状も報告されており、摂取には十分な注意が必要です。

フルファスト

他のダイエットピルとは少し違って、服用するのではなく舌にスプレーして使用するタイプです。
舌下にある毛細血管から有効成分が吸収され、セルトニンの分泌量を増やすことによって満腹感を感じるように働きかけます。

いつも満足感があると必要以上に食べないので、当然痩せていくことになるというわけです。
スプレーなので水も必要ありませんし、出先に持って行って使うことができるのでとても手軽に使用できます。

ですが、あまり薬という感覚がないので使用量には気をつけなければなりません。

考えられる副作用

天然成分を作られているダイエットピルなので、副作用はほぼないと考えても良いでしょう。
安心して使い続けることができるダイエットピルです。

フルファストガム

先ほどご紹介したフルファストのガムバージョンのダイエットビルです。
ガムですからますます薬という感覚からは離れて行きますが、これこそ水も必要ではなく、どこにでも持っていけるので手軽に利用することができます。

普段噛んでいるガムの代わりにフルファストガムに切り替えてみてはいかがでしょうか?

考えられる副作用

通常のフルファストと同じように天然成分で作られているので副作用を心配する必要はありません。
噛んでいるだけで食欲を抑制し、空腹感をなくしてくれるという優れもののガムですから、薬というよりも普通のガム感覚で使用できるというメリットがあります。

クレストール

初めは高ステロール血症治療薬として使われていたクレストール。クレストールの中にはロスバタチンカルシウムが含まれており、肝臓でのコレステロールの合成を抑制し、悪玉コレステロールを低下させる働きを期待できます。

肥満治療に使われることもある薬剤ですから、ダイエットにはとても効果的であることが実証済みです。

考えられる副作用

吐き気を感じたり腹痛が起きるなどの副作用が考えられます。また肝機能値の異常が生じる可能性も否定できません。
またこれは全ての人に起こるわけではありませんが、筋肉が低下したり、筋肉痛が生じたり、手足の痙攣があるなどの症状が起こる場合もあるようです。

メリディア

一般的にとても肥満が多いと言われている欧米で、肥満外来向けの医薬品として処方されているメリディア。
抗肥満薬、ダイエットピルとして使用されています。

少しの量を飲むだけでも満腹感を感じることができ、食欲を抑えることができるので、あまり食べずに済み痩せることができます。
食べ過ぎは太ってしまうだけではなく、心臓に負担をかけたり、様々な臓器に悪影響を与える場合がありますから、食欲抑えることができるというのは何とも効率の良いダイエット方法です。

ですが、今現在日本国内では未承認の薬剤なので、公式に手に入れることができません。かといって個人輸入代行業者にも情報開示されていないので、現時点では入手することは困難かもしれません。

考えられる副作用

便秘になったり、吐き気を感じるなどの副作用が見受けられます。
他にも頭痛、喉の渇き、不眠、口内炎などの症状が現れる場合もあり、個人の体質やその時の体調にも関係してくると思われます。

リポドリン

リポドリンも食欲を抑えるという目的のために服用するダイエットピルです。
この中にはエフェドラという漢方薬が使われており、食欲を抑える他にも咳を抑えたり、痰を切ったり、気管支拡張作用があったりするなどの効果を発揮します。

漢方なので徐々に体に作用してくる雰囲気のある薬ですが、とかく効果は高く、ダイエット効果を期待することができるでしょう。
副作用の中に食欲不振が起こる可能性があるとありますが、この副作用を逆に利用することでダイエットの効果を上げているとも言えるダイエットピルです。

考えられる副作用

動悸やめまい、血圧の上昇、頭痛、食欲不振、手の震えなどが生じる場合があります。
元々血圧が高いとか、頭痛持ちの方は医師に相談してから服用した方が良いかもしれません。

ゼニカル

ゼニカルは食事から取り入れた脂肪を体に吸収させずに排出する効果を持っています。
食事から摂取した脂肪分の約30%をカット指定便と一緒に排出することができ、そのぶん体に脂肪が吸収されないので痩せやすい体を作れるというわけです。

また脂肪の吸収の抑制は、高脂血症や高血圧、糖尿病を未然に防ぐことができますし、それらの病状を改善することにも効果があります。
食事制限をしなくてもいいですし、特に好きなものを控えなければならないこともありません。

世界的にはとても有名でメジャーな薬ですが、日本ではまだ認可されていないダイエットピルなので病院で処方してもらう場合は医師の処方箋が必要となります。

考えられる副作用

世界的にも多くの人が使っていてある程度安全性が実証されているダイエットピルなので、そんなに副作用を恐れる必要はありませんが、よく言われる副作用としては便の回数が増えることやおならが増えることなどが報告されています。

また脂肪の吸収を抑えるのと同時に、 ビタミンEやベータカロチンなどの栄養素の吸収もブロックしてしまうので、それらの栄養素が与えないで不足してしまう可能性があり、サプリメントなので補助的に補う必要がありそうです。

サノレックス

厚生労働省の認可が下りているダイエットピル、サノレックス。
脳の摂食中枢に作用して食欲を抑制してくれるので、必要以上に食べ過ぎることもなく、満腹感を長続きさせることができます。

少ししか食べなくても満腹感を感じることができるので、間食でおやつを食べたり、ちょこちょこと食べ物をつまむことがなくなるでしょう。
もともと食べ過ぎてしまう傾向のある人や食べないと落ち着かない人にぴったりのダイエットピルです。

また代謝をアップさせる効果もあるので、運動と併用するとより高い脂肪燃焼の効果を得ることができます。

考えられる副作用

長く飲み過ぎてしまうと依存症になってしまう危険性があるダイエットピルのため、長期の服用は許されていません。

また、吐き気や口の渇き、便秘気味になる、眠れない、注意散漫になるなどの副作用が報告されているようです。

ファスティン

ファスティンに期待できる効果は、脂肪燃焼させ、食欲抑えてくれるという働きです。
このダイエットピルに含まれている成分のフェニルエチルアミンHCLは、気分を向上させたり気持ちを高めたりする効果があるもので、脳内の神経伝達物質に作用する事で食欲を抑えてくれます。

実質的に食べる量が減るならば、 体重が落ちていくのも当然のことです。
また他にも含まれている成分としてシネフリンHCLがありますが、これは体の代謝を高める働きが強いので、代謝アップによって脂肪燃焼をサポートするという働きを期待できます。

食欲抑えることができ、脂肪を燃焼させることができる両方の働きを持っているファスティンはダイエットを頑張っている人たちにとって救世主のようなダイエットピルです。

考えられる副作用

めまいや吐き気、口の渇き、動悸、倦怠感を感じる場合があります。
また人によってはまれに過剰摂取によって、心臓発作起こしたり、脳卒中の引き金となってしまう場合もあるので、服用には十分の注意が必要でしょう。

オベリット

オベリットはゼニカルと同じ成分で作られています。
期待できる効果もよく似ていて、摂取した脂肪分の吸収をブロックして、便と一緒に排出するように助けてくれます。

ですが、ゼニカルに比べて配合量が半分ですので、緩やかな効き目が良いという方や沢山の薬を服用したくないという方にオススメのダイエットピルです。
ゼニカルを使用して効き目の強すぎると感じた方は、オベリットを試してみると良いでしょう。

考えられる副作用

おならの回数が増える、便の回数が増える、胃がもたれる、肌が荒れるなどの副作用が現れる可能性があります。

ビタミン不足になってしまう可能性もあるので、サプリメントなので補う必要もあるでしょう。

BBX

ダイエットピル大国でもある「タイ」の食品医薬品承認局が承認しているダイエットピルで、ストレスに対応するために脳が必要とするコルチゾールという成分を上手に調整する働きを期待できます。
コルチゾールの分泌を抑えることによって、たくさん食べなくても満足感を得ることができ、過食を防ぐことができます。

この他にも海藻エキスやインディカ、フィカス、白インゲン豆エキス などが体内の脂肪が吸収されるのを防ぐ役割を果たしてくれます。
摂取したカロリーは約50%カットできるというのは何とも魅力的なダイエットピルです。

考えられる副作用

飲み初めのに便が柔らかくなる、虚脱感を感じるなどの症状を感じる場合があります。

また白インゲン豆エキスなどが含まれているので、 豆アレルギーがある方は医師に相談してから服用した方が良いかもしれません。

ダイクロトライド錠

別名ヒドロクロロチアジドとも言われる医薬品で、病院などでは降圧利尿剤としてよく使われているものです。
医療関係者であれば知っている方も多いことでしょう。

体内にある余分な水分や塩分を取り除く効果があり、他にも様々な治療に使われている医薬品です。
例えば、本能性高血圧症、月経前緊張症、腎性浮腫などの治療にも用いられており、その効果とコーナンは実証済みの医薬品です。

考えられる副作用

一度にたくさん服用した場合は、低血圧になってしまい、立ちくらみやめまいを感じる場合があります。
また人によっては吐き気を伴ったり、息切れ動悸を感じたりする場合もあり、自分の状態に合わせて服用を加減する必要があります。

通常は医師が処方するものですから安心ですが、もし自分で購入する場合には様子を見ながら調整する必要があるでしょう。

ザントレックス3

このダイエットピルの中にはカフェイン、ナイシンを含むハーブが含まれており、食欲を抑えて脂肪燃焼アップさせてくれるという効果を期待できます。
また代謝アップも測れるので、脂肪を効率よく燃焼させることができ、食事制限しなくても比較的楽にダイエットを成功させることができるでしょう。

基本的にはハーブなどがたくさん使われているので、体に悪いものはそんなに入っていませんが、人によっては副作用がある場合もあるので注意しなければなりません。

考えられる副作用

熱感や動悸、発汗といった副作用があるようです。
全ての人が経験するだけではありませんが、このような副作用があることも念頭に置いておいた方が良いでしょう。

フーディアp57

人工的な構成成分とは違って、天然植物エキスを主に使っているダイエットピルで、 比較的安全に摂取し続けることができます。
満腹中枢を刺激するので、満腹感を長続きさせることができ食事の摂取量をかなり減らすことができます。

そのため体重が落ちるだけではなく、痩せやすい体質に切り替えていくことが可能になります。
天然植物エキスですから、長期間使用しなければならないとしても安心して使用することができるでしょう。

考えられる副作用

天然植物エキス配合ですが、全く副作用はないというわけではありません。
他のダイエットピルに比べれば可能性は低いのですが、体のだるさや喉の渇き、倦怠感と言った副作用がある場合もあります。

カーベル

ほとんど天然成分で作られているダイエットピルなので、安心して服用することができます。
主に使われている成分としては、ラズベリーケトン、カフェイン、エルダーベリーエクス、緑茶、シナモンエキスなどのダイエットに効果的な成分が配合されており、脂肪燃焼効果を期待できます。

また血糖値を維持する効果も期待できるので、糖尿病などを事前に予防することにも貢献するでしょう。
安心して長期間使うことができ、比較的健康的にダイエットを成功させることができるでしょう。

考えられる副作用

天然成分で作られているので、副作用の心配はしなくても大丈夫でしょう。

Lカルニチン

Lカルニチンは脂肪燃焼効果が高いと言われています。
体の中に入った脂肪を効率的に燃焼し、体に余計な脂肪がつくのを抑えてくれます。

ですが摂取すれば勝手に痩せていくというわけではありませんから、運動やエクササイズ、食事制限などを助けるものとして補助的に使うとより効果的です。

考えられる副作用

特に効き目は強すぎるというダイエットピルではないので大きな副作用がないようですが、1日の摂取容量を守る必要があります。
1日の上限は1,000mgですが、早く痩せたいと4,000mgを超えて摂取してしまった場合には、お腹を下したり吐き気がするなどの症状が起こる場合があります。

決められた用法用量はしっかり守るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

ダイエットピルは気軽に飲めるサプリメントではありません。
医薬品ですから当然副作用も想定していなければなりませんし、体に合わなければ健康被害が出てしまう可能性もあります。

それだけ高い効果が期待できるということですが、その分よく調査してから購入し、服用しなければならないということでもあります。
健康を損なってしまっては元も子もないのである程度の副作用を想定しておく必要があります。

それでここでは、起こりうる副作用をこのようにご紹介しました。

・ダイエットシンドローム

・吐き気

・便臭異常

確かに気軽にダイエットできるのは嬉しいことです。
普通にダイエットすれば運動したり、好きなものを食べれなかったり、エクササイズをしなければならないなどのある程度の努力が求められます。

めんどくさがり屋だったり、仕事が忙しくて時間がないという方にはダイエットピルがおすすめです。
それで、ヤバい痩身効果のあるダイエットピル20選をこのようにご紹介していきました。

  • コントレイブ
  • オキシレックス
  • カーボブロッカー
  • オルリスタット
  • アコンプリア
  • フルファスト
  • フルファストガム
  • クレストール
  • メリディア
  • リポドリン
  • ゼニカル
  • サノレックス
  • ファスティン
  • オベリット
  • BBX
  • ダイクロトライド錠
  • ザントレックス3
  • フーディアp57
  • カーベル
  • Lカルニチン

ダイエットピルは簡単に痩せることができる医薬品です。楽にダイエットできるという大きなメリットがありますが、そのぶん起こり得るデメリットについても理解しておかなければなりません。ダイエットピルは原則、医師の処方箋が必要であり、 それだけ体に大きな影響力がある薬が使われているということです。

もし個人的にダイエットピルを購入しようと思っているなら、薬の成分も確かめたり、きちんと承認されている業者から購入するようにしてください。
自分にぴったりな薬を見つけて、スリムな体型を手に入れましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もおすすめ

  • 頭皮の乾燥を無くすフケ対策に効果的な方法10選

  • 胸揉む事で起こる5つのバストアップ効果

  • 赤ニキビの治し方で最短で綺麗に治せる方法13選

  • ちくびをピンク色にする10の方法

  • 肌質改善で綺麗な赤ちゃん肌になる方法10選

  • 背中の肉を落として背中やせをする10選