1. TOP
  2. 美容
  3. 痩せる薬なのに激痩せサプリとして広まったヤバい薬20選

痩せる薬なのに激痩せサプリとして広まったヤバい薬20選

 2017/08/06 美容   16,204 Views

いつの時代も女性は美しくありたいと願っています。美しさの中にはスタイルの良さも入っていて、ちょっと太っただけでもダイエットを考えてしまう人もいるほどです。
自分の太さに悩んでいる多くの人たちはいろいろなダイエットを探して行っていますが、なかなか効果が出ないことも。

「楽して痩せるのは無理」「ダイエットする前に太らないようにするしか方法はない」など厳しい言葉も飛び交っていますが、女優やモデルの中には、ひそかにやせ薬を使用して食事制限も運動もしないで痩せている人もいるという噂もあります。

「激やせサプリ」として海外の通販や個人輸入代行業者などから購入できるものの中には、医薬品の成分などが配合された飲むだけで痩せることができるダイエット薬も存在します。

飲むだけで痩せる薬は確かに存在します。しかもインターネットを通じて簡単に手に入れることができます。
しかし、中には服用方法を間違ってしまうととても危険な、重度の肥満患者向けのダイエット薬もあるのです。

そこで当ページでは、痩せる薬なのに激痩せサプリとして広まったヤバい薬20選について具体的に紹介していきます。
自分が服用しているダイエットサプリが本当にサプリメントなのか不安、薬であるのであればどんな副作用があり、危険性があるのか不安である方はぜひ参考にしてください。

激痩せサプリとして広まったダイエット薬

自分の体重に悩んでいる人たちがダイエットを行う際、食事制限をしたり、カロリー消費のための運動を行ったり、ダイエットサプリを飲んだりしてダイエットを行います。
しかし、効果が表れるのに時間がかかったり、効果を得るためにはある程度の努力が必要となることなどから、効果が出ないうちにあきらめてしまう人も多いのです。

日本で流通しているダイエットサプリには、天然由来の成分などを多く取り入れていて、効果が表れるまでにはかなりの時間がかかります。
その分、体への負担も少なく副作用のリスクも少ないのが特徴です。

しかし、今すぐにダイエット効果を出したい人や、太ることが許されない女優やモデル、太っていることで病気などになっている人などの中には、「激やせサプリ」と銘打ってインターネットなどで販売されているダイエットの薬に頼ってしまっているのです。そのため、綺麗に痩せられるのは当然です。

効果が高いということはそれだけ体に負担がかかっているということで、もちろん副作用のリスクも高くなります。
日本で効果が高い痩せ薬は基本的には、肥満専門医院、ダイエット外来の医師の処方箋が必要で、薬を飲んでいる患者さんの様子観察を行いつつ、薬の量を弱くしたり強くしたりすることで、安全に痩せる方向へと導いていきます。もちろん途中で副作用が出てきても対処してもらえます。

しかし、海外から入ってくる激やせサプリの中には日本で承認されていない医薬成分が含まれていることがあります。
それでも個人輸入代行業者を利用すればある程度は購入することができます。どちらも、副作用などに関してはすべて自己責任となっており、実際タイで販売されているやせ薬の中には、死亡したケースもあります。

また、楽に痩せる薬だと偽って覚せい剤とほぼ同じ成分の薬を購入し、死亡したケースは日本でも報告されています。
こちら→http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.htmlの厚生労働省公式ホームページでも、個人輸入の医薬品に対しての注意勧告及び、実際に健康被害が報告されている薬の名前を表記したリストも公開されている程です。つまり、行政も本格的に危険性を指摘しているのです。

医師から処方箋をもらい薬を購入するのが一番安心な方法ですが、病院でもダイエットの薬は保険適応外となるため非常に高くなります。
安く痩せる薬を手に入れたい、日本では売られていない効果のある痩せる薬を購入するには、個人輸入代行異業者などに頼るしか方法はありませんが、安心して購入できる店なのか、きちんと副作用の情報も提供しているのかなど、情報を収集して購入するようにしましょう。

痩せる薬の作用

痩せる薬とは、本来ダイエット外来などで処方される薬です。

日本国内では一般的に太っていると思われる体型でも、世界レベルでみた場合、特に肥満大国の基準でみられて場合は、まだまだ太っているといえる範囲では無いと判断されます。
そのため、肥満により健康に被害を与えるメタボリックシンドロームの基準値も世界各国で相違があります。

肥満大国でメタボと判定される場合は、命に支障を与える深刻なレベルにまで達している場合もあるため、ダイエット外来にて処方されるのです。
日本のメタボの基準は、欧米などの肥満大国に比べると、日本人の体質的な事を考慮した上でも、命に支障が及ぶまでのレベルでは無く、ダイエット目的の乱用なども防ぐために痩せる薬のほとんどがクリニックで処方できる認可が下りていません。
なお、国内にあるダイエット外来、肥満治療専門医院の数も決して多いとはいえない状態です。そのため、日本では病院で痩せる薬をもらうという概念が無いのが現状です。

そこで、ここからは、実際にクリニックで処方される痩せる薬の作用についてここからは紹介していきたいと思います。

即効的に痩せられる

医薬品として指定されている成分で西欧医学に基づいて形成されている薬であり、当然ながら漢方薬などとは違い即効性はあります。
服用して早ければ1日~2日で減量・痩身効果があらわれます。

飲むだけで痩せられる

例えば、痛みや発熱に作用するロキソニンを飲めば服用後1時間程度で痛みや発熱がおさまるのと同様に、痩せる薬も、飲むだけで早ければ即日に痩せます。
なお、前項の即効性に関連しますが、飲み続ける必要も無く、短期的に飲むだけで痩せます。

身体全体を痩身できる

健康に被害を及ぼすレベルにまで肥満状態になっている身体に作用するよう作られている薬のため、身体全体に痩身効果が作用します。
ぽっこりお腹だけとか、太ももだけとかでは無く、全体的にほっそりすることができます。

そのため、減量状態をみながら、上手に服用すれば、芸能人や女優のように綺麗な激痩せを実現できます。

食欲をコントロールできる

痩せる薬の中には、満腹中枢に作用するタイプの薬もあるため、満腹感で満たし食欲自体を無くすことができます。
そのため、暴飲暴食を抑制するだけでなく、服用の仕方次第では食欲自体のコントロールも可能になります。

痩せる薬の代表的な副作用

痩せる薬は、ここまで紹介して参りました嬉しい作用ばかりではありません。
本来、医師の処方が無ければ手に入れることが出来ない薬ですから、危険な副作用もあります。中には服用を中止しなければ副作用からの合併症で命に支障が出てくる場合すらあります。

副作用の恐ろしさも熟知しておく必要があるでしょう。そこでここでは痩せる薬の代表的な副作用について紹介していきたいと思います。

排泄物の異臭

体内に摂取した脂分を排泄物で排出させる作用のある痩せる薬では、通常の排泄物の臭いからは考えられないくらいの異臭を放つ副作用があります。
他にも便通異常により、気付いたら臭い腸液のような液が出てしまっていたり、お腹が緩くなりおならの臭いが異臭になるといった副作用もあります。

ダイエットシンドローム(激痩せ)

飲むだけで痩せるという事は、飲めば飲むだけ面白いように痩せてしまいます。
そのため、痩せる事に快感を覚えてしまうダイエットシンドロームになってしまう可能性が、一つの副作用として考えられます。

ダイエットシンドロームになった場合、気付いた時には既に、あばら骨が浮き出る状態にまで不健康的な激痩せ状態になっている事もありますので、注意が必要です。

吐き気・腹痛

痩せる薬に限らず、痛み止めや、治療薬などの一般的な薬でも吐き気や腹痛といった副作用は珍しくはありませんね。
胃薬などと一緒に服用することである程度、このような副作用を抑えることもできます。

命に支障が出る(災厄の場合)

ダイエットシンドロームにより精神的に不安定になり、自殺願望が出てしまったり、脂肪溶解剤などの痩せる薬の場合は、多臓器不全といった副作用が出て、命に支障を及ぼす可能性もゼロではありません。
そのような事も副作用の一つとして予備知識にしておくと良いでしょう。

激痩せサプリとして広まった痩せる薬20選

日本でダイエットに関する医薬品があまり出回っていない理由。それは今まで和食中心で太っているという悩みを持つ人が少なかったこともありますが、日本の薬事法の承認までのハードルの高さもあります。
そのため、国内で効果の高いやせ薬を手に入れるのであれば、インターネットの個人輸入代行業者から手に入れる方法で、手軽に手に入れることができます。

もう一つの方法は激やせするダイエット薬を「ダイエットサプリ」として販売している違法業者から購入する方法もあります。
脳や神経などに直接働きかける違法薬物並みの医薬品が含まれてリることから、依存性や痩せすぎてしまって太れなくなってしまうなどといった副作用が起きてしまうこともあります。

病院で処方箋をもらって手に入れる薬以外は、購入に関しても副作用に関しても自己責任となってしまいます。
しっかりと情報を収集し、信頼性や安全の高い薬を使用しましょう。副作用が起きる原因には服用方法があります。服用方法や摂取量もしっかり守るようにしましょう。

それではここからは、危険な痩せる薬であるにも関わらず、激痩せサプリとして広まってしまったダイエット薬20種類を紹介していきます。

KALOS BURN(カロスバーン)

出典:Anela Paige

2週間でマイナス20kgという驚異的な激やせを簡単に実現できてしまう、正真正銘の痩せる薬です。販売ページでも堂々と肥満患者専用の痩身錠を違法的に販売していることを公言してしまっている始末です。

ちなみに、この商品は、スマホやi-phoneから販売ページを観た場合とパソコンから観た場合とでは、全く別のページが出てくるようになっています。パソコンから観た場合、至って普通のダイエットサプリのような見せ方をしているのが分かります。
これは消費者庁などの取り締まり機関から抜き打ちでチェックが入った際に、ほとんどがパソコンから観られるため、普通のダイエットサプリに見えるよう消費者庁の目を欺くことを目的としています。このようなことからも、非常に巧妙で違法性のある販売方法をであることも明白です。

カロスバーンの気になる価格ですが…。限定280個という在庫数に限りがある状態ではあるものの、現時点では、1ヶ月分(1袋/60錠)2,980円(税別)にて購入できます。
送料無料で購入できる3袋セット8,940円(税別)、5袋セット14,900円(税別)のお得なセット購入も用意されています。

カロスバーン同等の痩身錠でもあるゼニカルやサノレックス、オーリスタットといった肥満患者専用の痩身錠を正規品として購入する場合は、個人輸入代行業者から購入した場合でも1ヶ月分だけで10,000円以上かかってきます。
このような現状からもカロスバーンがいかに安く購入できるかは、わかっていただけるかと思いますが、激痩せによる副作用のリスクが生じることは熟知しておきましょう。

ゼニカルやオーリスタット同様の肥満患者専用の痩身錠です。本当に痩せたい強い願望のある方のみご購入をご検討ください。

スリープスレンダーナイト

出典:GirlsLab

スリープスレンダーナイトの名前の通り、「就寝前に1錠飲むだけで、眠りながら激痩せできる」というコンセプトで販売されている激やせサプリです。
薬事的には、眠りながら痩せられるということ自体に全く根拠が感じられ無いにも関わらず、「大変危険な痩身法です。」と明言しているため、確実に危険な痩せ薬であることが明白です。

寝ている間に、就寝前に飲むだけで大量の寝汗をかかす作用や、飲んだ翌朝の脂肪便や脂肪尿を輩出させる作用からもゼニカルやサノレックスとは比べ物にならない程の痩身効果が予想できます。

さらに、販売数に個数を設けて販売している点も、販売すること自体が危険であるという背景が伺えてきます。

ちなみに、販売個数に関しては、現在30名様限定で1袋(1ヶ月分/60錠)特別価格2,980円(税別)にて購入可能です。
1袋(1ヶ月分/60錠)特別価格2,980円(税別)で購入する場合は以下販売ページ下部にある「単品はこちら」をクリックすることで購入できます。

お特なまとめ買いでも、お一人様5個までしか購入できない状態です。気になるという方は、在庫無くなる前までにぜひ、ご購入をご検討してみてはいかがでしょう。

Xenix-α(ゼニックスアルファ)

出典:Anela Paige

医療として認可はされていないものの、テスト段階の痩身剤として販売されている痩せる薬です。そのため、Xenix-α(ゼニックスアルファ)という名前自体は仮の名前です。

海外の一部の地域の肥満外来では、処方が認められていますが、いずれも、肥満大国といわれる国でだけの処方になりますので、日本人には痩身効果が強すぎるのが特徴です。

なお、効果・効能としては、体内の脂肪溶解、脂肪排出となります。
いきなり1日1錠から飲み始めてしまい、一晩で-5kg以上激痩せする報告もされています。1日1錠では多過ぎますので、まずは半錠から始めると良いでしょう。

Xenix-α(ゼニックスアルファ)は、1ヶ月分(1袋/30錠)2,980円(税別)にて購入できます。送料無料で購入できる3袋セット8,940円(税別)、5袋セット14,900円(税別)のお得なセット購入も用意されています。

EGタイトLight

出典:EGタイトLight公式販売ページ

代謝や利尿、便通や清熱といった作用により激痩せ効果をうむ痩せ薬です。人間が本来もっている痩せやすくする体の作用を引き出してくれるため、痩せ体質への改善も見込めます。

食べた分のカロリーとなる脂分を全て尿や便にて排出するため、過剰摂取し過ぎた場合、腎臓や腸などの臓器に支障をきたし、災厄多臓器不全で命に支障が出る程の副作用もありますので、まずは1日半錠から試してみると良いでしょう。
その分、痩身効果に関しては、ゼニカルやサノレックスといった痩せる薬の中でも、群を抜いた効果を実感できます。

数日服用してみて、自身の身体にあった服用方法さえ把握できれば、綺麗に痩せることができます。

EGタイトLightは通常価格4,980円(税込)のところ、現在特別定期キャンペーンにつき、お試し15日分が980円で購入できます。

この機会に是非、お得にEGタイトLightを購入してみてはいかがでしょう。

ファットバーンカッター

出典:商品詳細 ファットバーンカッター[ワガママモード]

中身は重度肥満者向けの医療用の脂肪溶解剤です。非常に危険な痩せ薬ですので、服用には十分な注意が必要です。
医療用のため、本来は処方箋はもちろん必要ですが、命に危険を及ぼすほどの重度肥満患者にしか処方されない薬ですので、安易なダイエット目的、中途半端な気持ちでの服用は控えるようにましょう。

たったの半錠の服用でも5日間で20kgという桁外れの減量、痩身効果を実現できてしまう事も立証済みです。

医療用のため、当然ながら入荷分50個のみの限定数にて販売されています。価格に関しては、1袋60錠(1ヶ月分)が2,980円(税別)です。在庫がある内に購入しておくことをおすすめします。

ブラッキー

出典:商品詳細 ブラッキー[ワガママモード]

別名「黒の痩身錠」といわれている程の危険で強力な痩せ薬です。
その効果は世界的にも有名や痩せ薬「ゼニカル」や「サノレックス」などが持っている効能を全て網羅し、1錠でも3.8kg以上を確実に減量させてしまう事ができる事が立証されています。

「ゼニカル」や「サノレックス」がもっている脂肪吸着因子を増殖させて減量させる効能や、体内脂肪を全て強制排出させる効能は全て含まれています。
初めて痩せ薬を服用する方は、1日2錠以上の服用は絶対に止めて下さい。もし、服用して急激な体重減少を確認された場合は、早急に服用を止めるようにして下さい。

ブラッキーの気になる値段ですが、現在、販売ページにアクセスしずらい状態ではありますが、お試し1ヶ月分/60錠が2,980円(税抜)にて購入できる状態です。
この手の抗肥満因子錠が1ヶ月分/60錠が2,980円(税抜)にて購入できるのは稀に無いため、当然ながら数量限定での在庫無くなり次第販売終了の体制にて限定販売されています。

お試し1ヶ月分/60錠が2,980円(税抜)は販売ページ下部の「まずはお試し購入はこちら」のボタンをクリックする事で購入できます。販売ペーhttp://rutie.info/blaky/にてセット購入にてまとめて欲しい分だけ購入してしまうのも一つの手です。

Sザピック錠

出典:S-ZAPIC tablet ~Sザピックタブレット~[girls door]

販売ページで堂々と公開されている通り重肥満者用専門錠として扱われている肥満抑制剤です。しかも、ただの肥満抑制剤では無く速攻型高吸収肥満抑制剤です。
1日1錠を3日程度飲むだけでも、大幅に体重が減少しますので、体重に応じた飲用数で服用するようにしましょう。なお、体重60kg未満の方は絶対に1日1錠までの服用でとどめて下さい。

本来、医師の処方箋が必要な「脂肪抑制剤」をこのようなSザピックタブレットというダイエットサプリまがいの商品で販売しているため、購入できるのは今だけです。
いつ販売停止になってもおかしくない状態です。そのため、購入希望者によるアクセス過多のため、販売ページにも繋がりにくい状態になっています。

Sザピック錠は1袋(1ヶ月分/60錠)2,980円(税別)にて購入できます。

リミテクゼット

出典:モデルスタイル

肥満大国の欧米諸国では既に肥満外来向けの医療の現場で処方薬として、使用されている痩せる薬です。
しかし、重度の肥満患者向けの「新型BMI調整剤」としてでしか処方されないため、日本人には強力過ぎる痩身効果が出る可能性があります。

販売ページで公開されている「1ヶ月最高で-43kg」というのも、偽りない数値と考えて間違いないでしょう。
それゆえに、在庫減定数100個にて一般販売が販売停止直前の状態ですので、もし、興味のある方は在庫があり販売停止になる前の段階で購入しておくことをおすすめします。

現在、在庫数100個限定で残りわずかではあるものの1箱(60錠/1ヶ月)が2,980円にて購入できる状態です。3セット、5セットといったお得なまとめ買い購入でも可能な状態です。

Pult

出典:美人堂

アメリカでは肥満問題が深刻化してきているアメリカの肥満問題を解消のために開発されたと偽コンセプトで爆発的に売り上げを伸ばしている痩せ薬です。
食欲抑制効果の高いフーディアゴードニーや明日葉セルライトの排せつや胃酸の分泌などの効果によって、「面白いように痩せる激やせサプリ」としての評判により広まってしまいました。

成分中には日本では承認されていない成分も含まれているので、個人輸入代行者などから手に入れるか、公式で販売している違法業者から購入するしか方法はありません。
面白いように体重が減ったり、太らない体質にしてくれるため、どんどん効果を期待して過剰摂取を続けてしまう人もいますが、過剰摂取を続けると副作用が起きる可能性もあります。

そのため、1日2錠までをしっかり守って服用するようにしましょう。

ビットシェイパー

出典:美人堂

販売ページ冒頭にて堂々と「本物の痩せ薬」と明記している通り、中身は脂肪を排泄物と一緒に出す強力な痩身剤で知られている脂肪溶解剤です。
約2週間程度で7~10kgの脂肪を融解する効果があります。

ビットシェイパーに配合されている主成分でもある、特許申請中の次世代痩身成分「KBS-67」は、モニターが痩せ過ぎてしまい、販売中止を余儀なくされYahooニュースにも掲載された過去を持つ本物の「痩せ薬の正体」です。
用法容量に関しては、神経質になって、注意する必要があります。

ビットシェイパーは現在、先着100名様限定のキャンペーン期間のため、1袋/1ヶ月分が3,280円(税別)にて購入可能です。キャンペーン期間中アクセスも集中し購入しずらい状態ではありますが、興味のある方は、まずはお試し感覚で1ヶ月分から購入してみてはいかがでしょう。なお、3個セット、5個セットのお得なセット購入も可能です。

ゼニカル

世界で最も安全なダイエット薬として、世界17か国で愛されているダイエットサプリです。脂肪分解酵素リパーゼが食べ物の油分の吸収を阻害し、食べても太らない体つくりをしてくれます。

吸収を阻害された脂が便とともに出てくるため、便が出やすくなり、体質によっては下痢が止まらなくなってしまうこともあります。ナプキンなどを利用して対策をとりましょう。下痢がつらくて服用をやめても2,3日は下痢は続きます。

ゼニカルのジェネリックに「オルリファスト」や「オベリット」があります。作用や効果は同じでゼニカルより安く手に入れることができます。

サノレックス

出典:エースクリニック

脳内に直接働きかけ、アドレナリンやドーパミンなどの脳内物質の再取り込みを抑制させる効果によって食欲抑制効果や覚醒効果などさまざまな効果を得ることができる薬です。
1日1錠程度を昼食前に服用し、3か月間服用しても効果が見られない場合は服用を中止してください。

吐き気や頭痛、不眠、便秘、動機などの症状が現れることがあります。長期服用や過剰摂取を続けると、依存が起きたり、うつ症状、幻覚、など精神的な症状を引き起こすことがあります。
少しでもおかしいと感じたら服用を中止してください。

アリー

出典:オオサカ堂

ゼニカルにも含まれているオルリスタットを主成分とするやせ薬です。日本でも美容外科などで肥満の診断を受けるとアリーを処方してくれる病院もあります。
オルリスタットによって吸収を阻害された油分が便となって排出されるので、知らず知らずのうちにズボンが汚れていたなどということもあるので、服用している間はナプキンなどを使用して下痢対策を行いましょう。

ゼニカルよりはオルリスタットの配合量が少ないため、効果が表れるのも若干遅いですが副作用も少なめです。
1日3回食後1時間以内に1錠ずつ服用します。脂溶性ビタミン不足に陥りやすいため、食事やサプリでビタミンを積極的に取り入れましょう。

メリディア

出典:オオサカ堂

アメリカの肥満対策に開発されたダイエット薬です。
有効成分であるシブトラミンが脳に働き、セロトニンやノルアドレナリンの取り込みを阻害させる働きにより、食欲を抑える効果から、ダイエット効果を得ることができます。

脳に働きかける成分であることから、日本では2007年に一度承認されたが2009年副作用の重篤さなどから許可が却下された経緯があり、現在では個人輸入代行業者でしか手に入れることができないサプリとなっています。

カーベル

出典:オオサカ堂

全米でも人気が高いダイエットのサプリメント「リーンシステム7」を販売しているiSatori社から販売されているサプリで、ただダイエットすることを目的としたものではなく、美しく健康的に痩せることを目的としてつくられたサプリです。

シナモンとラズベリーの効果で当分接種の欲求を満たし、脂肪の吸収率を抑えるだけでなく、アントシアニンなどを豊富に含んでいるため、アンチエイジングなどの効果も期待できます。
成分の中にカフェインが含まれているので妊娠中などでカフェインを避けている人は摂取を見合わせた方がよいでしょう。

ダイクロトライド錠

出典:いろはウエブショップ

高い利尿作用により、体の余分な水分や塩分の排出を促進させ、むくみをへらすことでダイエット効果を得る薬です。
一般名を「ヒドロクロロチアジド」といい、ダイエット効果のほか、高血圧症や月経前緊張症、腎性浮腫、薬剤性浮腫などの治療にも用いられます。

1回25~100ミリを1日1~2回服用します。
医薬品のため、貧血や間質性肺炎、アナフィラキシー様の症状、脱水症状や電解質失調などが起きることがあります。

リデュース

出典:H&BStore

食欲抑制剤として効果の高い「リダクティル」のジェネリック医薬品です。

食欲を抑える薬としては副作用のリスクが低いことから非常に人気がある薬で、食欲を抑える効果だけでなく、ノルアドレナリンの働きにも影響を与え、代謝を上げ、脂肪の燃焼を促進させる効果もあります。

1日1回、昼食前に1錠服用するとその日一日の食欲を抑えてくれます。軽度とはいえ副作用も報告されていますので過剰摂取はしてはいけません。

リダクティル

出典:いろはウエブショップ

シブトラミンを主成分として、脳内に直接働きかけ食欲を抑えることによって肥満を改善させることができる薬です。
シブトラミンはSSRIという抗うつ剤の一種ですが、抗うつ剤としての機能より食欲良くさえい作用が強いため、主にダイエット治療薬に使用されています。

しかし日本では承認されていない薬であるほか、不眠や頭痛、口内の渇き、心拍数の増加などの副作用のほか長期服用や過剰摂取によって精神的な副作用をもたらす危険もあるので、注意しながら服用することが大切です。
1日1回昼食前に1錠服用することで24時間効果が継続します。

アコンプリア

出典:いろはウエブショップ

2006年にイギリスで発売されたダイエットの薬です。リモナバンという主成分が快楽中枢を抑制することによって食欲を抑え、ダイエット効果が期待できます。
ダイエット効果のほか、禁煙補助効果も期待できます。

コントレイブ

出典:いろはウエブショップ

肥満治療薬として、日本の武田薬品が開発した薬で、4年の時を経てようやくアメリカのFDAによって販売が承認された薬です。
脳に直接働きかけ、過食を生み出す過程を抑制することにより肥満を解消していく薬です。日本ではまだ承認されていない薬のため、個人輸入代行業者から手に入れることになります。

脳に直接働きかける成分が含まれていることから、吐き気や嘔吐、頭痛や便秘、下痢や転換などといった副作用が起きることがあるので、服用に関しては正しい飲み方を守り、副作用を感じたらすぐに服用を中止して医師に相談しましょう。飲み方は特徴的で徐々に薬の量を増やしていくため、使用王の注意をよく読んで飲むようにしてください。

痩せるのメリットとデメリット

激やせサプリとして日本でも注目を浴びている薬は、食事制限や運動療法などを行わなくても飲むだけで痩せることができるというメリットがあります。
しかし、それと同時にデメリットもたくさんあります。そこで痩せる薬のメリットやデメリットをしっかり把握しておく必要があります。

痩せる薬のメリット

痩せる薬やダイエット薬、ダイエットサプリメントなどと呼ばれている薬なので、苦労してダイエットするよりも手軽に体重を落とすことができるのが魅力です。
通常痩せるためには食事制限を行ったり、運動をする必要があります。日常生活とのバランスが保てると効果はありますが、日常生活とのバランスがとれず続けることができなくなると、効果がなくなったり、リバウンドなどを引き起こしてしまいます。

痩せる薬の中には美しく痩せるためのものもあります。このような薬を利用することで、時間も手間もかけず痩せることができるので、忙しい人たちでも気軽に続けることができます。
個人輸入代行業者でしか手に入れることができないものもありますが、このようなものも海外では肥満に効果のあるものばかりです。
肥満の多い西洋人と和食中心で肥満の少ない日本人では肥満の性質や根本的なものの違いはありますが、それでも日本人の肥満にも効果は発揮します。

痩せる薬のデメリット

脳に直接働きかける成分が含まれているものや、植物由来成分ばかりでも効果が高すぎて服用方法を間違うと健康や精神面などに悪影響を与えるものもあります。
時にはもっと痩せたいという欲望から飲みすぎてしまい死に至るケースもあります。そのため、服用に関しては正しい知識を持たなければなりません。

日本で処方してもらういことができる薬に関しては、まずは処方してもらい、医師から服用に関して指導を受けるのが一番安全です。
しかし、このような薬は自由診療の薬になり、費用が非常に高くなってしまいます。そのため、個人輸入代行業者から手に入れる方法が一般的ですが、その時は信頼できる業者から購入するようにする事と、あくまでも使用上の注意をよく読んで正しく服用することが大切です。

飲むだけで痩せる気軽さから過剰摂取や長期服用を続けた結果、副作用から死に至ってしまうケースも非常に多くなっていますので、購入や服用に関してさまざまな情報を仕入れることが大切です。

痩せる薬の予備知識

ここまで一通り、痩せる薬の具体的な名前や、ダイエットサプリに紛れている痩せる薬同様のものを具体的に紹介してきました。

ここからはあくまで痩せる薬の予備知識として、現代のようにインターネットによる痩せる薬が手に入れられなかった頃の事や、元祖となる痩せる薬のダイエット法などを紹介していきたいと思います。予備知識として参考にしてみて下さい。

痩せる薬の発症「ヤンヒーホスピタルダイエット」

痩せる薬は、現在では紛れたダイエットサプリメントや、多くの個人輸入代行のネットショップで購入できてしまう状態ではありますが、そのようになる前に、ネットで痩せる薬が購入できるようになった発症ともいわれているのが、こちらの→ヤンヒーホスピタルダイエットです。
整形、美容、ダイエットにおいて世界的にも有名で、ニューハーフも多い美容大国「タイ」に実在する、ヤンヒー総合病院から医師の処方を受け直接ネットで本場の痩せる薬を購入できるのです。

インターネットを通して、実際に、医師の処方を受けられるため、信頼はありますが、購入に至るまでは非常に面倒で費用面も高額です。
ダイエットサプリに紛れた同様の薬をネットショップや、個人輸入代行で手軽に手に入れられる今の時代であればこちらの方がコスト面、利便性共に高いといえます。

本場の痩せる薬を処方される「MDクリニック」

こちらもヤンヒーホスピタルダイエット同様にタイにある「MDクリニック」というクリニックで処方される痩せる薬を服用して痩せる方法のです。別名「MDクリニックダイエット」とも呼ばれています。
肥満状態に合わせてレベル別(例えば2~16など)で薬を選べるため、自身の痩せたい度合いに合わせて薬を選ぶことができます。

もちろん、レベルが上がるにつれて副作用も強くなる傾向にあります。よっぽど深刻な状態にまで肥満になっていなければ、基本的には低いレベルの薬から使っていく形になります。

痩せる薬の服用と併せて取り入れたい食べ物5選

簡単にダイエット効果が出る痩せる薬を活用して、手軽に痩せることができたとしても、病的な痩せ方では女性としての魅力がなくなってしまいます。
健康的に美しく痩せるなら栄養のバランスもしっかり考える必要があるのです。

そこでここからは痩せるダイエット薬と並行して、食べておきたい太りにくい食べ物を紹介します。
無理に食事制限を行うのではなく、これらのものを積極的に取り入れて、食べながら健康的に痩せましょう。

アボカド

アボカド畑のバターともいわれ、非常に栄養豊富な食べ物です。さらにアボカドには血中のコレステロール値を下げ、血流を改善してくれる働きのある不飽和脂肪酸が含まれています。
血流がよくなることで代謝が高まり、脂肪の燃焼も促進されるため、ダイエットにはぜひ食べてほしい食材といえます。

整腸効果の高い食物繊維や、体内の余分な塩分を減らすカリウムなども含んでいるのでデトックス効果もあります。

鶏のささみ肉

お肉の中でも低カロリーで高たんぱくなことで知られている鶏のささみ肉、料理のお肉を鶏のささみ肉に交換するだけでかなりカロリーが抑えられます。

ブロッコリー

低カロリーなのに非常に多くの栄養素を含んでいるブロッコリーは、様々なメニューに加えることで栄養価が増します。
また、食物繊維も多く、便秘解消やむくみ改善効果も期待できます。

もやし

もやしは何の栄養価もないように感じられますが、もやしにはビタミンB2が多く含まれています。
血液中の資質や糖質のエネルギー代謝を促進させる効果があります。安く大量に手に入れることができ、いろんな調理法が楽しめるので毎日のメニューにぜひ取り入れてみてください。

グレープフルーツ

グレープフルーツにはトマトの抗酸化作用でおなじみのリコピンが含まれています。
このリコピンが血液中の党とコレステロールの値を下げ、脂肪をためにくくすることから、「マイナスカロリー食材」と呼ばれています。

また、グレープフルーツの香りの成分のは食欲を抑える効果もあるため、食前に食べることでダイエットに効果を表します。

まとめ

食事制限や面倒な運動などをしなくても痩せることができるやせる薬は、世界中でたくさん流通しています。
日本では入手困難な薬でも、インターネットの個人輸入代行業者を利用すれば、ネット通販と同じ要領で購入することができるのです。

手軽さがメリットの痩せる薬ですが、その手軽さでリスクが隠されてしまっていることもあります。
いろいろな情報を収集してメリットの裏に隠されたリスクもきちんと把握したうえで購入することが大切です。

特に脳に直接作用するタイプの薬は、長期服用や過剰摂取によって副作用が強くなり、最悪の場合死に至ることもあります。
まずは安心安全な方法でダイエットすることを心がけ、それでも痩せることができないときの最終手段にとどめておくようにしましょう。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

ルティエの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルティエの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. あや より:

    ボルテックを購入したいのですがパスワードが一致せず中々購入できないので電話番号教えて下さい。

    1. rutie より:

      コメントありがとうございます。
      当ページの購入リンクから買えませんか?

コメントを残す

*

こちらの記事もおすすめ

  • ちくびをピンク色にする10の方法

  • 生理前のにきびが出来なくなるようにする10の方法

  • 【毛深い女性必見】体毛を薄くする方法10選

  • ダイエットピルの中でヤバい痩身効果のある20選を厳選してみた

  • 無添加化粧水の中でも人気の無添加化粧品10選

  • フェイシャルエステの嬉しい効果10選